富士生命のがんベスト・ゴールド

AIG富士生命ダイレクトとAIG富士生命で発売していた「がんベスト・ゴールド」が平成26年6月末で販売終了。平成26年7月から「がんベスト・ゴールドα」が発売されました。 今回は「α」が付いたので何かパワーアップしたような気がしますね。

 

がんの手厚い保障

全商品との違いを比較してあら探しみたくなっても仕方ありません。

具体的に何がパワーアップしたかを考えるより、αはαで普通に解説した方が良いような気がしてきたので、いつものようにいろいろ書いてみます。

 

もともと、がんベスト・ゴールドは凄い人気商品で、富士生命がAIG富士生命になったことを知らない人でも、がんベスト・ゴールドは知っているよ!というくらい、ガン保険では有名な商品です。

 

 

悪性新生物診断給付金と、悪性新生物初回診断一時金の区別がややこしいですが

 

★悪性新生物初回診断給付金
再発でも転移でも、AIG富士生命が規定する支払事由に該当すれば、2年に1回限度で何度でも受け取れる。

 

★悪性新生物初回診断一時金
初めて悪性新生物と診断確定されたときに、悪性新生物診断給付金に上乗せして受け取れる、一生に一度きりの給付金。

 

例えば悪性新生物初回診断給付金を200万円に設定すると悪性新生物初回診断一時金は100万円まで設定できます。
ということで、悪性新生物初回診断給付金を最高額の300万円に設定すると悪性新生物初回診断一時金の設定ができなくなります。

 

 

「がんベスト・ゴールドα」は都度二年以上の期間を空ければ、診断給付金は複数回の支払が可能なので、恐ろしい、がん特有の再発リスクにも対応しています。何度でも受け取りが可能なのに月額保険料が比較的安価なので大人気商品になったと言えるでしょう。

 

あえて欠点を上げるとすれば、保険期間と保険料払込期間は終身なのです。
保険料を払い続ける限り保障は続くよ。と言えば聞こえが良いですが、老後資金から保険料を払い続けられるかどうか不安になる方もいることでしょう。
もしかしたら、AIG富士生命ダイレクトではなくて、AIG富士生命の対面販売なら60歳払い済み・生涯保障があるかも!と思って調べたのですが、対面販売でも保険利用払込期間は終身しか無いようです。

 

 

良い医者にかかりたい

最近のガン保険に必須の「がん先進医療特約」も、ちゃんと付加することが出来ます。

注意して頂きたいのは、先進医療の技術料を保障するのは特約であって、加入時にふかしておかなくてはならないことです。
加入締結後にこの特約を付加することは出来ません。
平成26年8月現在100円〜180円の特約なので、出来れば是非この特約をふかしておきたいものです。
「がんベスト・ゴールドα」も、最近流行の通算で2,000万円を限度ま受取額です。

生命保険もサービスの時代

例えば自動車保険は、対人賠償や対物賠償など、「保険」の部分と、レッカー移動サービスや弁護士手配サービスなどの「サービス」の部分に分かれていますが、保障もサービスも含めて自動車保険の機能を果たしています。
最近野生命保険も、保障の部分とサービスの部分がはっきりわかれてきたというよりも、保障ではカバーできない部分をサービスの強化でまかなっています。

 

がんベスト・ゴールドαのサービスを解説しましょう。
がんトータルサポートサービスというものがあります。

 

がんPET検診は結構楽

★★がんPET検診サポートサービス

PET検診て何?な方もいらっしゃるでしょう。実は人間ドックでさえも発見できないような、早期がんを見つけられる検査大注目の検診です。
がん細胞が、正常細胞の3倍〜8倍のブドウ糖を消費する性質があるのを利用します。
る性質苦痛やだるさは今までのガン検診と比べかなり軽いのに、ガンの種類・発症する部位を選ばず、一部苦手な部分はあるものの一回で全身のあらゆるがんを発見します。
単純 PET-CTが3割負担で約30,000円、造影 PET-CTが3割負担で約36,000円が相場ですが、健康保険適用範囲が狭いので、100%自費診療になることもあります。]

 

がんPET検診サポートサービスはPET検診ができる施設の紹介・予約代行をしてくれる便利なサービス。また公的機関での検診を除いて3,000円の割引が適用出来ます。

 

★がん治療相談サービス
★粒子線治療相談サービス
★がんこころのサポートサービス
長いので割愛します。すみません。

 

★★★セカンドオピニオンサービス
管理人的にこれは三つ星サービスだと思います。
どんなに有名な大病院でも、どんなに実績のある大学病院でも、治療方針が納得出来なかったり、最悪ガンの見逃しなどが起こることもあります。
また、規模の大きい病院は全身検査をするのに数ヶ月の予約待ちが合ったりして、その間にガンが肥大することも有り得ます。
そんなときや治療方針を立てる段階で、複数の医者の意見を聞きたい場合など、主治医以外の医者にに面談できるサービスです。
主治医以外の、第二の意見(セカンドオピニオン)をもらえるというのは、治療方針などの助言をもらえたり比較が出来るので安心できます。
面談セカンドオピニオンでの判断で、いまより高い専門性を面談した相談医が必要と判断した場合優秀専門臨床医を紹介します。

 

このサービスは他社のガン専門保険商品でも滅多に見られません。
有効活用すれば凄い効果を発揮するサービスが付いているのががんベスト・ゴールドαです。

 


このページの先頭へ戻る